三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるなら

持っている銀行口座を確認して三井住友銀行かジャパンネット銀行があればプロミスでインターネットを利用した即日融資が可能です。
大手消費者金融の一つであるプロミスではもちろん自動契約機もありますがインターネット申し込みでも三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば自動契約機と同じ程度の時間、即日融資可能時間となっています。
プロミスでもそのほかの銀行口座であってもインターネットの即日融資には対応しています。
ところがインターネット申し込みの手順は同じでも、持っている口座によって振込キャッシングの対応時間に違いがあります。
まずはインターネット申し込みの流れを確認していきましょう。
インターネット申し込みは非常に便利なものであり、今では消費者金融だけではなく銀行カードローンでもメインの申し込み方法として用意されています。
むしろインターネット申し込み以外には郵送しかないというカードローンもあるほどです。
インターネットにつながるデバイスさえあればいつでも申し込みをすることができます。
しかし勘違いしがちになるのは「24時間申し込み可能」という表記です。
24時間申し込み可能、よく考えてみればそれはインターネットの特性上当然のことです。
ネットショッピングでも注文だけであればいつでも行えるものの、それが受理されるのはネットショップ営業時間内になります。
カードローンでもプロミスでも、24時間申し込み可能という言葉には「申し込みはできる」という言葉に置き換えることを忘れてはいけません。
インターネットで申し込みをするとプロミスでは審査が始まりますが、なによりもプロミスの利点は審査結果が早くわかるということです。
通常、どこの消費者金融、銀行カードローンでも審査には最低でも30分はかかるものです。
ところがプロミスなら申し込み完了画面の後すぐに審査結果が表示されます。
審査対応時間も9時から21時までと長くなっており、必要処理委の提出も携帯電話のカメラなどで撮影し送信するだけの簡単な手続きです。
ネット上で契約まで完了させることができるため、あとは借り入れを残すのみです。
インターネット申し込みをしたときにはカードは後日自宅への郵送となりますが、カードが無くても振り込みによるキャッシングを受けることができます。
インターンっと即日キャッシング申し込みをした場合の即日融資の方法はむしろ、振込キャッシング以外にはありません。
振り込みによる借り入れになるため、銀行営業時間内でしか対応がありませんが、三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を振込キャッシングの受取口座として指定すると24時間いつでも振込キャッシングを受け取ることができます。
審査対応時間は9時から21時までとなっていますので、その時間内に契約まで完成させることができればインターネット申し込みでも即日融資が可能ということです。
それではプロミスの即日融資に強いポイントをまとめてみましょう。
・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があればインターネット申し込みでも充分に即日融資が可能
・審査結果がどこよりも早くわかる
・24時間振込キャッシングができる

カードローンでキャッシングをするときの金利

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行のカードローンがありますが、金利を安く利用したいのなら銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンで現在最も低金利なのが、住信SBIネット銀行のカードローン「Mrプレミアムコース」で金利は1,99%~7,99%融資限度額は最大で1,000万円となっています。また「Mrプレミアムコース」以外に「スタンダード」コースがあります。

こちらは金利8,49~14,29%、融資限度額は最大で300万円以下となっています。

口コミ情報には「Mrプレミアムコース」を申込んだけれど「スタンダードコース」に変えられたということがあるようです。

おなじネット銀行カードローンに「オリックス銀行カードローン」があります。

金利は3,0%~17,8%融資限度額は800万円という商品で、「Mrカードローン」の場合は口座を開設する必要がありますが、オリックス銀行カードローンはどこの銀行口座でも利用できるので、改めて口座を開設する必要がありません。

多くのカードローンは1万円単位のやりとりになりますが、オリックス銀行カードローンは1,000円単位から借入ができるので必要以上のお金を借りることがなくなります。

また借入返済に利用する提携ATMはセブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行など9万台弱のATMが手数料無料で利用できるので借りたお金以外に経費がかからないのでおすすめのカードローンです。

関連記事